遅まきなら電気自動車 i-MiEV

今乗っている車のエンジンが不調で、修理にかかるコストがだんだん上がってきたことと、子供がそこそこ大きくなり、順に受験シーズンを迎えることでめったに家族総出で遠出することなどなくなったことなどから、現状のミニバンからダウンサイジングして小型車以下に乗り換えを検討することになった。

そこでムクムクと湧き上がってきたのは、女房の車の使い方に関する問題である。とにかくちょこちょことどこに出かけるにも車を使うのだ。コンビニでも、小学校でも、駅でも、スーパーなどのどんなに短距離の外出でも自分ひとりしか乗らなくても1.3トン以上もある車を出そうとするのだ。

当然そのたびにセルが回ってエンジンが起動され暖気されるので、燃費の悪化が半端ないしエンジンにもバッテリーにも負担が大きい。近場は歩けと何度言っても止めてくれない。

以前から思っていたのである。こんな我が家が電気自動車を導入しなくてどこが導入するのかと。

そこで中古の市場を調べてみた。意外に安いじゃないか。乗り出し100万ぐらいの値段でi-MiEVがごろごろしている。ちょうど試乗車が中古市場に出てくる時期なのかもしれないし、もしかすると色々あって三菱車全体が値崩れしているのかもしれない。

そんなわけで、ディーラーに相談して、ちょうど乗り出し100万ぐらいのi-MiEV Mを契約してきた。

もちろん充電設備の新設なども必要なので、損得で考えるともしかするとちょっと微妙なところもあるのかもしれないが、それ以外の心の損得まで勘定すると十分に満足できるのではないかと思いたい。ということで整理してみた。

心の得

  • 真夜中に車を出すのに近所に気兼ねが無い
  • ちょこまか使っても燃費の悪化=罪悪感がない
  • なんか未来っぽくていい
  • 女房に「ガソリン代ちょ~だい」と言われる度に「車使いすぎ!」などと小言を言わずに済む。
  • 女房に「ガソリン入れてきて!」と言われなくて済む。
  • 電気以前に三菱iはやっぱりカワイイ!(子供が二人だったころにターボの乗ってた)

心の損

  • 音が静かすぎて女房が帰ってきたのに気付かない
  • 燃費が10分の1ぐらいになるので乗りすぎてタイヤが減りそう(タイヤは高い)
  • そこはかとなく、夢のまま終わってしまい到来しなかった未来の香りがただよう…
  • 雨の日に「ガソリン入れに行ってくる」と言って車を出し、近所のポータルを復旧しに行けなくなる(Ingressの話)
  • i-MiEVは、電気自動車である以前に三菱iの個性的なデザインのほうが目立ってしまい、デカールなど貼らないと電気自動車だと気付いてもらえない。

途中から変にネタっぽくなってるなぁ…

にしてもこんなに納車が楽しみなの、新車で三菱iを契約したとき以来かも。