planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 アニメ化おめでとう!

七夕からアニメ「プラネタリアン」の公開が始まりました。

今日未明から第二話が公開されており、短いながらもとてもよくまとまっていて原作を知っている人も知らない人も十分に楽しめる作品になっていてしみじみと喜びを感じています。

第二話のキーワードは「ロボットの天国」だと言えるでしょう。

あまり書くとネタバレになってしまうのですが、ゆめみが立体映像で再現した職員たちの映像を鑑賞するポイントは

・ おそらくゆめみにもっとも近しい人たちで、別れの際に涙まで流してくれた人たちでさえ、無意識にゆめみの行く天国は自分たちの天国とは違うところだとつい語ってしまっている。

・ そしてその何気ない言葉が、ゆめみの「心」に大きな傷を植え付けてしまっている。

というところでしょう。

そしてこの先に、この話の大きなテーマが横たわっています。

作品として一般的な(というか「ありがちな」という言葉を使ってもいいかもしれません)創作をしてしまうと、このシーンで人間がロボットに天国を教えてあげる説明としては「ロボットも天国に行けば人間と同じ魂になって対等になるよ」という持って行き方が定石な感じだと思うのですが、この作品はその辺をスラリと外していきます。

そして最終回で明らかになると思われますが、ゆめみの受け止め方もここを外してくるのです。この辺がこの作品のすごいところなのでしっかり鑑賞してください。この部分が、ただでさえ悲壮なエンディングに追い打ちをかけるように暗い影を添えているのです。

第二話の最後でゆめみが寝落ちする直前に言いかけた言葉が、この作品の描く悲劇が物理的なものだけではないことを語っているのです。

 

高鈴 「愛してる」

土曜日、昼間から居間でウトウトしていたら子供が見ていたアニメの挿入歌が流れてきた。

最初は何となく聞き流していたのだが、途中からとんでもなく神経がそっちに向かってしまって、曲とアニメが終わるときには歌詞の一部で検索して曲名とアーティストを突き止め、15分後にはmoraでアルバムごと購入していた。こんなこと久しぶりだ。

それが高鈴の「愛してる」である。夏目友人帳の第二期の挿入歌らしい。それにしても美しいメロディと歌詞、それに加えて確かな技術に支えられた歌声が息を飲むレベルで、失礼ながらアニメの挿入歌のレベルをはるかに超えているように思えた。

声はどこか倉橋ヨエコを思わせるようなところがあるが、歌う歌自体は歌謡曲としてはストレートな内容である。非常にインパクトのある歌声なので耳を引くと思うのでもう少しメジャーになってもよさそうなものだが、もっとも売れたアルバムでもオリコン最高111位と今ひとつ振るわない。

僕がアニメの主題歌を耳にして声に惹かれはまっていったボーカリストは実はもう一人いる。こち亀の「葛飾ラプソディー」を唄った堂島孝平である。この人もなかなか頑固というか自分の音楽をひらすら貫く人のようで、高鈴同様メジャー街道に乗るところまで行っていないように思える。

ただ、堂島孝平同様、高鈴も固定ファンが根強く着いていて音楽活動をつづけていくことに支障が出るような状態では無さそうである。

彼らを見ていると、実は最も幸せなアーティストというのはこのように自分の音楽を自由なペースで好きにやらせてもらって、精神や体を病まずにずっと音楽活動を続けていけるような人たちなのではないかという気がする。

全部完全にイメージだけで語っているのですが。