乾くるみ「セカンド・ラブ」

「イニシエーション・ラブ」、「クラリネット症候群」に続いて読んでしまった。正直、面白い。

この「セカンド・ラブ」という作品が面白いのは、その作品そのものというよりも「イニシエーション・ラブ」の読者に読まれるという本書の位置づけの方なのではないだろうか。

読者は当然「今度は騙されないぞ~」と、最初から目を粉にして読んでいくだろうから、作者としては当然それを想定して、それをどう裏切って読者を納得させるような着地点を見つけるか、というところが執筆開始時の目標だったに違いない。

結果、ミステリーっぽいオチに読者の注意をひきつけておいて他のところで落とす、という戦略に出たものと思われる。そしてそれは、大多数の読者にとって十分効果的だったのではないだろうか。実際僕も作者の意図通りに楽しませてもらった。

ただ、読みながら書いたメモに「春香はなぜ二役をしていたのか」「元やくざは何だったのか」という記述が残されていて、Web上の他の人の感想を見てもやはりヒロイン(というか相当な悪女なのだが)の行動に必然性を感じないという声が多いようだ。

後者はともかく、前者に関しては僕は何となく自分の解答のようなものを得ている。

春香は、実は「美奈子に取り憑かれている」ような状態だったのではないか、と思ってしまうのだ。「見える体質」なのだから、そのようなことがあってもいいと思う。ラストで、春香がシェリールでとった行動について妙に第三者的な語り語りかたをしているのも気になる。春香がシェリールに現れた時期と、美奈子が自殺した時期も時系列として合っている。著者がそういう想定で書いたと思えなくもないのだ。

「取り憑く」と言えば、この著者が「マリオネット症候群」を書いていることも興味深い。そもそもそういうのに抵抗がない小説家なのである。

もう一つのナゾ、元やくざの倉持の件にはどうにも説明を付けられない。この作者がこれほどの伏線を投げ出すとも思えないのだが…